2008年09月11日

ブハラ ウズベク

世界一周旅行記 ウズベキスタン
鮮やかな青のタイルのモスク

シルクロードを代表するオアシス都市だったブハラ。
世界遺産だそうです。
確かに「世界ふしぎ発見!!」で見かけたような街並み。

半日もあれば主要な見所は周れてしまうような小さな町でしたが、モスクに張られた青のタイルは鮮やかで見ごたえあり!!という感じです。

世界遺産にありがちですが、あまりにツーリスティックで面白みが無く感じてしまうことがあるというか・・・。
サラリと一周り確認してOK!!というか・・・。
すぐに飽きたので、裏道を攻めることに!

すると、面白いオジイチャン発見!!
ものすごい笑顔で、
「マドラサ(神学校)!マドラサ!」
と、廃墟というか、ゴミ捨て場というか、とにかくガラクタの中を案内しようとする・・・。

何も無い、ガタガタに崩れた壁を両手で仰いで、「ビューチフル!!」と言って、写真を撮れ!という。
生ビ「爺さん、ビューチフルじゃないよコレ、じゃあね!」
爺さん「ウェイト!ビューチフル!フォト!!」

金ちょうだい!オジサンに化けることは、分かっているわけですが、観光地でもなんでもない、廃屋でこんなに頑張れるとは根性あるなー・・・。

案の定、「マネー!」と言われたので、「オジイチャン、無理だよ・・・。」と無視して置いてきました。
後ろで「クワァーッ!!」ってスゴイ顔してましたけど・・・。

世界一周旅行記 ウズベキスタン
ヒマそうなオジサンたち

世界一周.com 随時更新中
中央アジア・シルクロード編 宿、ビール、交通手段、食べ物など
トップページの更新情報から
>>世界一周.com
posted by 生ビ&やせマッチョ(mixi) at 17:19| Comment(0) | 中央アジア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]