2008年09月25日

バクー

世界一周旅行記 アゼルバイジャン
カスピ海の夜明け

9月3日 早朝5:30頃
トルクメニスタンから、カスピ海を渡り、アゼルバイジャンの首都バクー沖へと到着した。
朝霧に包まれたバクーのビル群が、朝陽に照らされて、淡いピンク色のシルエットになってとてもキレイ。
だが、そんな景色を楽しんでいる余裕もあまりなかった・・・。

バクーの“沖“へ到着した船は、一向に着岸せず、エンジンを停めてしまった。
そして、なぜかトイレの水も止まってしまった・・・。
朝の一大イベント、初打席に立てませんヨ・・・。

そのまま、待つこと6時間。
とうとう、アゼルバイジャンの地に降り立った。

世界一周旅行記 アゼルバイジャン
迷路のような旧市街

2度目の石油バブルに沸くバクー。
街のアチコチにクレーンが並び、建設ラッシュとなっている。

いい雰囲気の街並みが広がる旧市街は、まさに迷路のよう・・・。
まー、迷っても問題なし。
そのうち、どこかから抜け出せるので、適当に歩き回ってみると楽しい。

世界一周旅行記 アゼルバイジャン
バクーの夜景

世界一周.com 随時更新中
中央アジア・シルクロード編 宿、ビール、交通手段、食べ物など
トップページの更新情報から
>>世界一周.com
posted by 生ビ&やせマッチョ(mixi) at 19:59| Comment(2) | 南カフカス
この記事へのコメント
お久しぶり。お元気そうで。阿玉川ゴリサンズをふと思い出し・・・。とにかく、元気そうで何より
Posted by カタギシ at 2008年09月25日 23:15
ふむふむ。元気ですよ。
もうすぐ一時帰国する予定です。
Posted by こじ at 2008年09月28日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]