2009年06月16日

レバノン杉をチラ見。

中東情報随時更新中!!
中東のビール!中東の食事!!中東の宿!
>>世界一周.comへ

レバノンの国旗にも描かれているレバノン杉。
古代フェニキア人は、レバノン杉の巨木で作ったガレー船で地中海を制覇したとか。

世界一周旅行記 レバノン
レバノン杉の群生地

レバノン杉の群生地を見に行くため、トリポリからブシャーレ行きのバスに乗る。
トリポリからブシャーレまでバスで2時間、そこからタクシーで15分だそうです。
地中海を見下ろしながら、急な山道をひたすら登っていきます。
深い渓谷沿いに小さな村がぽつぽつとあって、渓谷の伸びる向こうに海が見えるという絶景。

1時間半ほどして、雪山のすぐ手前の軍事施設で兵士が乗るのをしばらく待たされる。

もうすぐブシャーレに着くんだろっか?バスは方向を変え、折り返すような向きで兵士待ちだ・・・。

実は15分ほど前、ブシャーレっぽい町を通り過ぎてるんですよネ・・・。
ブシャーレから先はタクシーしかないと思っていたし、終点まで乗るんだろうと、そのまま通り過ぎちゃってんだけど・・・。

「ブシャーレ」なんて書いてある看板なんかがチラホラ・・・。
「ここブシャーレ?」と聞くと、運ちゃんは「30分後だ」と言う。
やはり、もうひとつ奥の町なんだな。
と思ったのが、15分ほど前のこと。

一応、もう一度確かめてみるか。
「ブシャーレ行きたいんだけど!レバノン杉を見に!!」
「その杉なら30m戻ったトコだよ!!」
「えっ!すぐソコ?」
「そう!あそこに見えるだろ?」

「なんだよ!もう着いてるじゃん!通り過ぎてるじゃん!!」
ブシャーレは終点じゃなかったのか?タクシーでしか来れないんじゃなかったのか?
情報ノートの情報が古かったのか?
とにかくバカ高いタクシー乗らずに済んでラッチー!!

どうせ兵士待ちしてるんだし、歩いて見てこよう!
10分くらい眺めて、写真撮ってたら、ちょうど兵士待ちしていたバスが戻ってきたので飛び乗った。

効率いいなー!!ラッチー!!
なんて思ってたんだけど、バスの中で、「ひょっとして杉の林の中とか歩けたんじゃ?」とプチ後悔。

読み終わったら、閉じる前にポチっと!ぜひお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
世界一周ブログランキング参加中!

ネット収入で世界一周!!復活!!
誰でも始められるネット収入基礎の基礎!!
>>ネット収入で世界一周!へ

>>ケイコさんの花日記
母親がブログを始めました。
オバサンですがガムばっているようです。
家で教えている生け花や庭の花など、花に関するブログです。
日本で忙しい毎日を過ごしている皆さん、息抜きに花の写真でもドゾ!
posted by 生ビ&やせマッチョ(mixi) at 11:00| Comment(0) | 中東
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]